WingSuits.jp 伊藤慎一 オフィシャルサイト

PROFILE | プロフィール

伊藤慎一 / Shinichi Ito

伊藤慎一 / Shinichi Ito

プロウイングスーツ・パイロット。BIRDMAN社TopGunティーム所属。
米国にて1988年初降下し、現在合計降下回数は2,500回以上。
BMCI(BIRDMAN社チーフインストラクター)、テストパイロット・開発エンジニアー。
USPA-Dライセンス。Pro-Rating。スカイダイビングS/L&タンデムインストラクター。
BIRDMAN WINGSUITS 株式会社リスクコントロール 代表取締役

世界記録への挑戦!『好きなものを究めたい!!』

伊藤が目指しているのは「世界最長飛行記録」

ジャンボジェット機が飛ぶ高度10km、気温マイナス50度の世界から、毎年身を投げ出し世界記録に挑んでいる。

始めてわずか5年でギネス世界記録を6度達成した!
現在保持している記録は水平直線飛行距離26.9km、最高飛行速度時速363km、3D総合飛行距離28.707kmと68名でのフォーメーション記録の4つ。
BIRDMAN HALEO 5.11 リスクコントロール

株式会社リスクコントロール / RISK CONTROL CORP.
〒182-0026 東京都調布市小島町2-45-7
電話:042-480-1044 Fax:042-480-7749

お問い合わせはこちら

記録

  • 2012年5月ウイングスーツ
    最高水平飛行距離 ギネス世界記録(26.9km)(自己新記録更新)
  • 2012年5月ウイングスーツ
    最高総合飛行距離 ギネス世界記録(28.7km)
  • 2011年5月ウイングスーツ
    最高飛行速度 ギネス世界記録樹立 時速363km
  • 2011年5月ウイングスーツ
    最長飛行距離 ギネス世界記録樹立 23.1km
  • 2010年9月ウイングスーツ
    最長飛行距離 ギネス世界記録樹立 16.4km
  • 2009年9月ウイングスーツ
    最長飛行記録 世界第2位記録樹立
  • 2009年10月ウイングスーツ
    最多人数フォーメーション・オーストラリア記録樹立
  • 2009年10月ウイングスーツ
    最多人数フォーメーションPOPS世界記録樹立
  • 2009年11月ウイングスーツ
    最多人数フォーメーション世界記録樹立(米国公式記録認定)

資格

  • ウイングスーツBMCI (BIRDMAN社・チーフ・インストラクター)
  • スカイダイビング米国USPA-Dライセンス
  • スカイダイビング国内落下傘降下士 D技能章
  • スカイダイビング米国USPA プロ展示降下
  • スカイダイビング米国USPA S/L インストラクター
  • スカイダイビング米国USPA タンデムインストラクター
  • スカイダイビング国内シニアーリガー

各メディア出演

  • 2017年3月8日 日本テレビ「ZIP!」
  • 2017年1月29日 日本テレビ「誰だって波乱爆笑」
  • 2017年1月28日 TV朝日「あるある議事堂」
  • 2017年1月5日 テレビ東京「仰天パニックシアター77連発」
  • 2016年11月14日 フジテレビ「スポーツジャングル」
  • 2016年10月31日 フジテレビ「スポーツジャングル」
  • 2016年7月17日 TFM、FM大阪 ”Keep on Smiling"
  • 2016年6月30日 TBS ケンカ上等!大激論!好きか嫌いか言う時間・日本イライラ解消SP
  • 2016年4月15日 文化放送「吉田照美の”飛べ!サルバドール”」
  • 2016年4月14日 東京FM「クロノス」
  • 2016年3月22日 東京新聞 掲載
  • 2016年3月15日 TBS系列「あさチャン」
  • 2016年3月12日 NTV系列「ズームインサタデー」
  • 2016年3月3日 WebマガジンTABI RABO掲載
  • 2016年2月22日 朝雲新聞 自衛隊スポーツ掲載
  • 2016年2月20日 フジテレビ系列「めざましどようび」
  • 2016年2月12日 日本テレビ「ズームイン!!サタデー」
  • 2016年2月1日 BSスカパ-「BAZOOKA」
  • 2016年1月4日 朝日新聞 社会面掲載
  • 2015年11月1日 フジテレビ系列「1Hセンス」
  • 2015年5月3日 NTV系列(再)「さんまの転職DE天職3」
  • 2015年1月 小学館 雑誌 "BE-PAL" 2月号
  • 2015年 「ギネス世界記録2016」(英語版、日本語版)掲載
  • 2014年11月 日産Xピザーラ「THE XTREAM DELIVERY」
  • 2014年11月 グリコ「ポッキー・ポール・プロジェクト」
  • 2014年9月15日 NTV系列「さんまの転職DE天職3」
  • 2014年5月10日 フジテレビ系列『ジャンクSPORTSスペシャル』
  • 2014年1月23日 TBS系列「今この顔がスゴい!」
  • 2014年1月5日 CX系列「世界ベストオブ映像ショー頂上リサーチ」
  • 2013年12月1日 TBS/MBS系列「情熱大陸」
  • 2013年10月17日 テレビ朝日系列「モーニングバード」
  • 2013年10月1日 日本テレビ 「ZIP」
  • 2013年 「ギネス世界記録2014」(英語版、日本語版)掲載
  • 2012年11月1日 LA情報誌「ブリッジUSA」
  • 2012年10月26日 日本テレビ 「未来シアター」
  • 2012年10月9日 BS/CSディスカバリーチャンネル/Jスポーツ 「レッドブル・ストラトス ~成層圏からのフリーフォール~」
  • 2012年3月1日 日本テレビ 「未来シアター」
  • 2012年3月1日 NHK BS1 「地球テレビエル・ムンド」
  • 2012年1月27日 テレビ朝日系「やじうまテレビ」
  • 2012年 「ギネス世界記録2013」(英語版、日本語版)掲載
  • 2011年10月29日 11月5(土)TBSラジオ「中野浩一のフリートーク」
  • 2011年10月13日 毎日放送「VOICE」
  • 2011年9月25日 読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」
  • 2011年9月14日 NHK教育「大!天才テレビくん」
  • 2011年3月22日 フジテレビ「ゴレンタン」製作協力
  • 2011年 「ギネス世界記録2012」(英語版、日本語版)掲載
  • 2010年11月25日 TBSニュース番組「Nスタ」
  • 2010年11月24日 TBSテレビ系列「はなまるマーケット」
  • 2010年11月7日 (再)NHK BShi ハイビジョン特集
  • 2010年10月31日 NHK BShi ハイビジョン特集
  • 2010年10月2日 NHK総合「ワンダーXワンダー」 製作協力
  • 2010年8月27日 日本テレビ系列「DON!」
  • 2010年4月30日 東海ラジオミッドナイトスペシャル Rioの”伝説の空き地” AM1332kHm
  • 2010年3月21日 日本テレビ「世界まる見え!特捜部」 監修
  • 2010年3月19日 ZIP-fm77.8 ラジオ
  • 2010年2月23日 TV東京 「ギザ信じられない!世界スゴ技映像55連発!仰天ミラクルシアター!」
  • 2010年2月15日 日本テレビ「世界まる見え!特捜部」 監修
  • 2009年12月3日 ニッポン放送「テリーとたい平 のってけラジオ」
  • 2009年11月27日 TV東京「世界を変える100人の日本人」
  • 2009年7月17日 BS「新知識階級 クマグス」

ワークス

  • 2017年3月7日 中外製薬 読売新聞広告インタビュー
  • 2017年2月25日 中外製薬TV及びWebCM
  • 2016年12月26日 中外製薬 新聞広告
  • 2015年10月24日 ベトナムフェスティバル2015イン東北(デモフライト)
  • 2015年1月 CM 日産X-TRAIL「エクストリームデリバリー」
  • 2014年11月 日産Xピザーラ「THE XTREAM DELIVERY」
  • 2014年11月 富士通ARROWSスマートフォン
  • 2014年11月 グリコ「ポッキー・ポール・プロジェクト」
  • 2012年10月9日 BS/CSディスカバリーチャンネル/Jスポーツ 「レッドブル・ストラトス ~成層圏からのフリーフォール~」
  • 2011年3月22日 フジテレビ「ゴレンタン」製作協力
  • 2010年10月2日 NHK総合「ワンダーXワンダー」 製作協力
  • 2010年3月21日 日本テレビ「世界まる見え!特捜部」 監修
  • 2010年2月15日 日本テレビ「世界まる見え!特捜部」 監修

ウイングスーツとは

1990年ごろ、フランス人スカイダイバーによって考案された、
手と足の間に布を張った滑空飛行を可能にしたスーツ。
通称「ムササビスーツ」とも呼ばれる。

最新のウイングスーツは、飛行機などの実験で使われるエアートンネルで試験し、
コンピューターで解析・デザインされており、対地落下速度は50~100km/h、
水平平均飛行速度は最大250km/h以上で飛行することが可能になります。

通常のスカイダイビングに較べてスーツから受ける体の制約が多くなるため、
飛行機からのエグジット方法・空中での姿勢・パラシュートオープン時の姿勢と方法・
オープン後の処理・緊急時の対処方法が異なり、トレーニングが必要とされます。